病床数減少による医師過剰

とある地域包括ケア連携会議に参加

医師、看護師、薬剤師、ケアマネ、リハ職が集った。

 

現状の日本では医療費が膨大であり国は削減の方向を探っている。

その大きな舵取りの一つとして病床数削減。

 

それにより多く病院が潰れる。

そして医療職が溢れてしまう。それは医療従事者として危機的な状況を意味している。

 

今のうちに、医療職に+αのもの、もしくは自分ブランディングをして専門性を謳わなければ危険な状態になると推測される。